amazon広告を使ってオリジナル商品販売を軌道に乗せる方法

オリジナル商品を軌道に乗せるための広告戦略について見ていきましょう。

広告戦略と言っても商品や状況によって方法論は多岐に渡るので、

今回はSEO対策済みカタログに連動して、

新着カテゴリーに掲載されているタイミングの初期段階の基礎戦略について見ていきましょう。

 

オート広告の役割

amazonの広告には以下の3パターンあります。

「オート」「フレーズ一致」「完全一致」

また、それぞれに入札価格という概念が存在します。

「オート」は商品を選択すると
amazonが自動でカタログを読み取り、

適当なキーワードで選んでくれて、
ランダムで検索結果に表示してくれるお任せ広告のようなものです。

特徴としては自動で、幅広く広告してくれるため、
想定していなかったキーワードから売れることがあります。

このようなキーワードは
レポートで確認できるので
しっかりと記録しておき、
カタログのチューニングに利用可能です。

デメリットとしては
あまり関係のないキーワードにも表示されることがあり、
無駄な広告費になることもあるので、
こちらもレポート見ながら
除外キーワードにしていかなければいけません。

このことから「オート広告」は
初期段階でのキーワード収集の役目が大きいです。

キーワードを集め、
SEO対策済みカタログへの
チューニングするための大切な役目となりますので、
初期投資として予算を確保しておきましょう。

 

 

フレーズ一致広告の役割

「フレーズ一致」とは
あらかじめ決めたキーワードが
一部でも入っている検索に対して表示する広告です。

例えば、「時計」というキーワードを設定すると
「腕時計」や「置時計」や「時計 黒色」などにも表示してくれます。

フレーズ一致の場合、
オートのような無駄な広告がかかりませんが
想定外のキーワードは見つかりにくくなります。

事前にキーワードが絞れている商品や
完全一致に設定するキーワードを
探るために利用したり、

中には完全一致やオートより入札価格が
低くなることもあるので、
それぞれテストしながら
最適な広告に作り上げていきましょう。

 

 

完全一致広告の役割

読んで字のごとく、設定したフレーズでのみ表示する広告です。

「時計」と設定すれば、

時計という検索にのみ表示させる機能です。

オートやフレーズ一致でデータを集めて、
成約率の高いフレーズが特定できれば
完全一致を設定することで
無駄な広告費を削減するこができます。

ただし、商品によっては
完全一致の方が入札価格が
高騰していることもあるので注意してください。

それぞれの役割を見ていきましたが、
どれが正解でどれかが間違いというわけではく、
最適な広告は商品によっても変わってきますので、
テストしながら調整していくことが大事です。

おぼえてほしい事はただの広告で終わらすのではなく、
SEO対策済みカタログへチューニングするためのツールであると言うことです。

 

 

販売開始直後の広告戦略

前回の記事でお伝えした通り、販売開始直後の前提として、

・「売れるキーワードを見つける」

・「新着カテゴリー掲載中に販売個数を伸ばす」

この2点を意識しながら行動する必要があります。

 

広告は流動的なため正解はありませんが、
指標がないと取り組めないと思うので、
ベースとしている考え方をお伝えします。

まず広告にはいくらでも資金を投じることができるため、あらかじめ予算を設定しておくといいでしょう。

予算を決めておかないとどんどん価格費を消費し、広告沼にハマってしまいます。

 

今回は、

「新着カテゴリー掲載中に販売個数を伸ばす」

ために初回3万円を広告費とします。

 

そしてオート広告をを走らせます。

→ AUTOにレポートを確認しながら除外キーワードを入れていく
→ AUTOのデータから反応の良いキーワードでフレーズ一致を作る
→ AUTOとフレーズ一致のデータからコンバージョン(成約)されたキーワードで完全一致を作る

一日の予算

→ 初日~3日3000円(計9000円)
→ 4日目~7日目2000円(計8000円)
→ 8日目~14日1000円(計7000円)
→ 15日~30日400円(計6000円)

クリック単価はAUTOだと、
推奨の1/2(推奨が100円以上だと1/3)からスタートして、
平均クリック単価とインプレッション(閲覧数)を見ながら微調整します。

ほとんどの人はキリのいい入札価格を入れるので、
あえて、11円、16円、21円、26円として、
キリ番を避けて入力すると効果的です。

 

ここまでを総括するとこんな感じ

・広告は沼に陥りやすいのであらかじめ予算を設定する。
・AUTOはフレーズ一致、完全一致を作成するための広告で利益よりもデータ集めが目的。
・販売直後2週間の注文数(ランキング)がその後のSEOに大きく影響を与えるため初日からガンガン広告打つ(投資)
・効果の高いフレーズは販売ページに散りばめてSEO強化。

最終的に狙ったキーワードで検索上位(1ページ目の上位)に
安定的に表示さえることができれば、広告は成果の高いものだけ残して経費を絞り込んで行きましょう。

ただ、需要とのバランスも考えて、給料日やボーナス時期は広告費をUPさせるなどの戦略はお忘れなく。

以上がamazon広告の基礎戦略でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP