amazon販売で準備するもの

amazonで販売者になるにはamazon出品サービスに登録する必要があります。(通称:セラー登録)

セラー登録には大口出品と小口出品の2種類あり、それぞれ特徴があります。

小口出品は月間契約料が不要な代わりに商品を売るごとに別途基本成約料100円の手数料が必要となるため、販売初期や個人が不用品などを出品するのに適しています。また小口出品ではカタログ新規作成や販売データなどのレポートが確認できないなどの機能制限があります。

大口出品は月額4900円必要ですが、商品を売るごとにかかる基本成約料100円が不要となるため月間50個以上販売するなら大口出品となります。

オリジナル商品の場合はカタログ作成や販売レポートの確認が必須となるため、基本的には大口出品者として登録します。

リサーチや商品選定段階で販売する商品が決まってない場合は先に小口出品だけ済ませて、商品が決まってから大口に切り替えることも可能です。

※セラー登録サイトはこちら

amazon出品サービスに登録するには、以下のものも必要となります。

 

1.クレジットカード

Amazonの売り上げが月間登録料の 4,900 円(税抜)に満たない場合、
その差額をクレジットカードに請求するためクレジットカード情報の登録が必要です。
また、クレジットカードは登録者の本人確認のためでもあります。
クレジットカードの名義は個人でも法人でも可能です。
仕入れの際もクレジットカード払いは主流ですし、
持ってない場合は早急に発行することをおすすめします。

おすすめのクレジットカードは セゾンプラチナ です。
プラチナクラスでは年会費が圧倒的に安く、マイルなどのポイントが同レベルで貯まります。
オリジナル商品販売では何十万、何百万と仕入れに使うのでポイント還元率もすごく、休暇の旅行なども交通費は基本無料でいけちゃいます。

 

2.電話番号

登録時に有効な電話番号であるか、営業可能状態にあるかを確認するため音声ガイダンスによる電話認証があります。
SMS認証も可能ですので、ビジネス専用で番号を用意するなら格安SIMもおすすめです。
また電話番号は顧客対応にも必要となるのでかかってきたら出れる番号を用意しましょう。

 

3.Eメールアドレス

大口出品サービス登録用のアドレスです。登録後にAmazon出品アカウントの管理ツール(セラーセン
トラル)にログインする際のパスワードとなります。
既にAmazonの購入用アカウントをお持ちの場合は、そのアカウントで出品用アカウントを登録すること
もできますし、購入用と出品用で別々のアカウントを持つことも可能です。

またamazonからの重要なお知らせ等も登録メールアドレスに届くのでメインのアドレスを登録することをお勧めします。

 

4.店舗情報

会社名、会社住所、店舗名(Amazonサイト上での表示名)、運営責任者名、お問合せ先電話番号が必要です。
そのため事前にショップ名は決めておきましょう。

ショップ名を決めるときに、
たまに適当な名前(例えば、個人名を入れたり)にする人がいますが、
購入者がどう思うかをしっかりと考えて、しっかりとしたショップだと感じれる名前にしましょう。

 

その他、必要なもの

オリジナル商品を販売するうえで必要なものをまとめていきます。

 

パソコン&プリンター

当たり前ですが、リサーチやカタログ作成はスマホだけでは効率が悪いです。
特に中国のサイトをリサーチするときは低スペック過ぎると重くて、なかなかリサーチが進まないということもまります。
ビジネスとして行っていくなら優先で、それなりのスペックのものを用意しましょう。

プリンターに関しては安価なもので大丈夫です。
amazonへ納品するさいの管理ラベルの印刷や、自己配送時の住所印刷などに必要となります。
どうしてもない場合はamazonの有料サービスもあるので、そちらを検討するといいでしょう。
ただ、ビジネスとして行うのであれば、プリンターは用意したいものですね。

 

ペイパルアカウント

中国への仕入れは基本的に中国元での支払いとなるため、いちいち両替の必要がないペイパルが基本となります。

※→PayPal公式サイト

無料ビジネスアカウントを作成し、本人確認を済ませることで制限も解除されます。
アカウントを作成するだけでは、10万円以上の取引ができませんのでビジネスを進めるうえで本人確認は済ませておきましょう。
本人確認まで約2週間かかりますのでお早めに。

また中国の仲介業者の支払いも多くの業者がペイパルでの契約となりますので、
オリジナル商品を販売するうえで必須の決済サービスとなります。

 

資金

オリジナル商品では一度に大量の商品を仕入れることになります。

販売する商品単価が5000円で仕入れが2000円、月間販売予測100個の場合、
2ヶ月分の仕入れを行うと、40万円と原資が必要です。

物販を行う上では資金が多ければ参入する市場の選択の幅も広がるので圧倒的に有利ですが、
ご自身の予算と相談しながら最適な市場をリサーチすることで少ない資金から始めることも可能です。

また、本気でビジネス展開するなら融資も検討しましょう。

よく質問されるのが、「どれくらいの資金から始めるれるか?」という問いです。
当然、多いほうがいいのですが、最低20万は用意したいですね。

それも用意できない場合は、
不用品などを販売して用意するか
単純な転売から初めて経験を積むところから始めましょう。

 

梱包資材

・段ボール類
・テープ類
・カッター&ハサミ類
・用紙類

説明するまでもありませんが、梱包をするうえで必要なものは用意しておきましょう。
小道具は100均一のもので十分ですし、段ボールは楽天などで最安値をものを探しましょう。

 

場所

オリジナル商品は一度に大量の発注をするため、それを日本で受け取る場所が必要となります。

中国からAmazonの倉庫に直送することも可能ですが、
国際配送中に商品が傷むこともしばしばあり、
クレームに繋がるため基本的にはご自身で再検品することをおすすめしてます。
そのさいの場所の確保はお忘れなく。

「場所なんて用意できないよ」という場合は私の運営している納品代行サービスもご検討ください。

詳しくは無料メルマガをご覧ください。

 

ノウハウ

オリジナル商品はただ作れば売れるというものでもありません。
どれだけ良い商品を作っても、誰も知らなければ、存在しないのと同じです。

あなたの作成した商品を見込み客に訴求する必要があります。

amazonでしっかり販売していくには、amazonの特徴を知る必要もありますし、
しっかりとしたマーケティング戦略を駆使する必要があります。

ノウハウに関しては私のメルマガで無料公開しているのでご興味があれば登録して学習してください。

 

やる気

どのビジネスでも「やる気」に勝る要素は存在しません。

再現性の高いビジネスと言えでも、プロの世界です。

一流の企業や大企業も参入しているamazonで勝ち残るには、
やる気、努力、忍耐、継続とこれらの要素は必須と言えます。

「成功すればいいな~」程度で取り組むと間違いなく、成功しないでしょう。

オリジナル商品で成功したいなら、まずは優先順位を上げて、軌道に乗るまで全力を注ぎましょう。
経済的にも時間的にも余裕のある生活は努力の結果であることを忘れないでください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP